資産運用コンサルティング AssetConsulting

ドクターの方々を中心としたクライアント様の状況に合わせた資産運用コンサルティングをご提供しております。

資産運用コンサルティング

ご自身にあった資産運用を探す


当社が扱うのは投資型ですが、もちろん全ての商品が優れている訳ではなく、また一つの商品が優れている訳でもありません。
例えば、株式投資や先物取引などは、市場を読む力や情報力が求められますので、成功した場合は、大きな収益をもたらしますが、判断を間違えると大きな損失を被る可能性があります。
本来、投資というものは「0か100か」といった投機ではありませんし、リスクを抑えたものや少額の資金から始められるものも存在します。
資産運用を始めるにあたって、どの投資が儲かるかだけではなく、目的に合わせてご自身に適した投資を選ぶ事が重要です。

不動産投資について


ここからは不動産投資について詳しく説明します。
不動産投資は初めて資産運用をお考えの方でも、比較的取り組みやすい投資型資産運用になります。
現在では一部の富裕層だけではなく、一般の会社員から公務員、もちろん女性の方も多く不動産投資に取り組んでおられます。

なぜ不動産投資なのか?


初めて資産運用をお考えの方は、なぜ不動産投資を選ばれるのでしょうか。
理由の一つとして長期的に安定収入が見込めるという事があげられます。
株式投資のように短期的なリターンは期待出来ませんが、毎月の安定した賃料収入(インカムゲイン)、場合によっては物件売却によるキャピタルゲインを得る事が出来、運用の仕方次第でレバレッジを効かせた投資が行えます。
また、不動産投資は、投資と云いながらも税務上は事業扱いになる為、収益を上げる為に投じた資金、例えばローン金利分や管理費修繕金など、確定申告の際に経費計上する事が出来ます。
中でも、減価償却費は実質の支出ではありませんが、経費としてみなされる為、実際は黒字経営でも帳簿上赤字が出る場合があります。
この場合、不動産経営における帳簿上の赤字を本業の所得から差し引く事が出来ますので、所得税の還付、住民税の軽減を受ける事が出来ます。尚、本業の所得が高い方ほど、大きな節税効果が見込めます。

不動産投資の原則


バブル期と違い、近年主流となっているのは毎月の安定した賃料収入に期待し、長期的な視点から行なわれる不動産投資です。
また、当社ではクライアント様に不動産投資をご提案する際、高利回りだけではなく、「安定利回り」をお勧めしております。
安定利回りの場合、高利回りと比べてリターンが少なく思われがちですが、高利回りに比べてコストを掛けてリスクを除去している為であり、必ずしも投資効率が下がっている訳ではありません。
将来を見据えた運用をお考えの場合、目先の瞬間的な利回りよりも、リスクを除去した安定運用が適していると考えております。

各投資型資産運用の比較


不動産投資の例をもとに、他の投資とも比較してみましょう。

個人向け国債 収益性 株式投資に比べると安定しており、基本的に元割れリスクはない。(但し発行元の国が財政破綻した場合はこの場合ではない)
安定性
株式投資 収益性 日々価格変動するため大きな利益を期待することができる。一方で急激な値下がりのリスクも伴う。
安定性
FX 収益性 外国為替証拠金取引の略で、外国の通貨を売買して利益を得る取引。証拠金の数倍〜数十倍の外貨取引が可能な金融商品。株式投資と違い平日なら24時間取引が可能。
安定性
不動産投資 収益性 購入した不動産の毎月の賃料収入を目的とした運用方法。バブル期のように大きな値上がりを期待する投機ではないが、一般的にインフレには強い。現物不動産を経営する場合、ほか金融商品にはない大きな節税メリットが期待できる。株式、FXと比べ換金性が低いのがデメリットか。
安定性

不動産投資の種類


安定利回りという観点から、当社が特に力を入れている不動産投資についてご紹介して参りました。
しかし、一口に不動産投資と言っても、様々な種類があります。
では、具体的にいくつかの不動産投資をご紹介します。

アパート経営 利益性 不動産経営の中でも利回りは高い。一度の売買で複数戸所有できるためスケールメリットも享受出来る。木造住宅の為、建物の劣化や定期的なメンテナンス費用が高くなりがち。マンションタイプと比べ一般的に入居率は低め。
流動性
手軽さ
一棟マンション経営 利益性 大型マンション投資。金額が大きいため、それなりの資金、収入が必要。郊外でも数億円〜といった物件も少なくない。一室が空室になったとしても、他の部屋の家賃収入で補う事が出来る。相続税対策としても人気が高い。
流動性
手軽さ
区分マンション経営 利益性 マンション一室から始められる投資。マンション一棟やアパート一棟に比べて少額の資金で運用できる一方で、利回りは見劣りするケースもある。購入する地域を分ける事で、災害のリスクを分散することも出来る。空室リスクを迎える為にサブリースといったサービスも生まれている。購入後、自らが居住。その後のローンを返済し賃金に回すといったケースも多い。
流動性
手軽さ
不動産投資信託 利益性 手軽さと流動性がウリの投資。現物購入ではないため、安価な投資額から始めることができ、幅広い物件に分散投資できるのも魅力。その分利益率は低めなものが多い。
流動性
手軽さ

このように資産運用には様々な種類があり、例にした不動産投資1つでも、多くの選択肢が存在しています。
投資をメインとして生活されている方であれば、常に新しい情報を入手し、自分にあった投資を選択することができると思いますが、多くのクライアント様は他にお仕事をされながら、効率的に資産運用をされたいとお考えです。
そのため、当社をパートナーとし、ご自身にあった資産運用を見つけていらっしゃるというわけです。
もし、資産運用でお悩みの方がいらっしゃいましたら、お気軽に当社までご相談ください。
ご相談は「無料」でお受けしております!